2013年03月11日

春キャベツとあさりの酒蒸し 韓国風!

春といえば、あさり。
あさりといえば、これから潮干狩りも楽しい季節となります。

子供の頃、潮干狩りで採ったあさりで作ったお味噌汁の美味しかったこと!

そしてあさりと春キャベツの取り合わせは定番ですね。
きょうはそんなあさりと春キャベツを使った酒蒸しを作ります。

あまり作ったことがない韓国料理。
春の絶品レシピ、コウ静子さんのレシピです。

立派なあさりです。とても大きい。
image-20130311220100.png

それからキャベツ。
image-20130311220131.png

ザクザクと大きく刻みます。

フライパンにごま油をひいて、
ニンニク1かけを包丁で潰して入れます。
ここにざく切りのキャベツと、その上にあさりをのせます。
image-20130311220446.png

お酒を入れて、ふたをして、強火で3分蒸し煮にします。
キャベツの食感を残すように、煮過ぎないこと。
あさりが開いたらOKです。

ここに、細ネギの小口切りを散らします。
白ごまとしょう油、砂糖、粉唐辛子でタレを作って、
回しかけたら出来上がり。
image-20130311220943.png

春キャベツとあさりの酒蒸し 韓国風!の完成です。
ごま油を使って、ピリ辛のゴマ風味のタレをかけると韓国風。
とても簡単。あっという間の美味しい1品ですね。


もう1品。新ジャガのハチミツ炒め煮。
使うのは新ジャガ。これを電子レンジで6分間加熱します。
image-20130311221428.png

フライパンにサラダ油をひいて、このじゃがいもを炒めます。
軽く焦げ目が付くぐらい焼き色をつけて下さいね。
image-20130311221555.png

ここに、水カップ1、つぶしたニンニク1かけ、しょうがの薄切り2枚、
黒胡椒6粒ほど、しょう油大さじ3、ハチミツ大さじ2、
砂糖、みりん、酒、各大さじ1を入れて、落しぶたをして10分煮ます。

トロミがついてきたところで、赤唐辛子の小口切りと白ごまを振ったら出来上がり。
盛り付けたら完成です。
image-20130311222132.png

新ジャガのハチミツ炒め煮 です。
しょうがと、ニンニクの香り。そしてちょっとピリ辛。
白ごまの風味で、こちらも韓国風。

たまには韓国風もいいものです。









posted by ピコティ at 22:51| 東京 ☀| Comment(2) | おうちご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

新じゃがと骨付き鶏モモ肉の塩釜!

塩釜って、テレビでしか見たことがなく、
お店で食べたこともありません。

なので、なぜ作ろうと思ったのか分かりませんが、
ふと、なにかに興味を引かれたのだと思います。

きょうは井澤由美子さんのレシピで、新じゃがと骨付き鶏モモ肉の塩釜。

まずは卵白4個分を泡立てます。
この作業は大変なので機械の力を使うのがいちばん。
image-20130305224827.png

角が立つまで泡立てて下さい。
そこに精製塩を2kg加えます。
徐々に入れて混ぜていきます。
image-20130305225018.png

おー!まるで雪のようです。
サクサクと軽い感じで、仕上がります。

骨付き鶏モモ肉。
image-20130305225154.png

立派な鶏モモ肉ですが、けっこう高い。
1本600円ぐらいします。(300g)

そしてじゃがいも。
image-20130305225230.png

鶏モモ肉は関節のところを、みさだめて。。
半分に切ります。
image-20130306203839.png

鍋に塩を半分程度使って敷き、
レモンの輪切りを敷いた上に、
鶏モモ肉とじゃがいもを乗せまして、
image-20130306204000.png

更に上に塩を乗せて、塩釜にしていきます。
image-20130306204056.png

まるで砂遊びのような楽しい作業。
しっかりと塩で覆ってくださいね。

蓋をして、2分程中火にかけ、その後弱火にして、
20分から25分程蒸焼きにします。
火を止めて20分くらい蒸らしたら出来上がり。
image-20130306204609.png

その時には塩釜はカッチカチになってます。
カッチカチの塩釜を割ったら、中から鶏モモ肉とじゃがいもが顔を出しました。

お皿に盛り付けて完成です。
image-20130306204726.png

新じゃがと骨付き鶏モモ肉の塩釜です。

鶏もじゃがいもも、じんわりと優しい塩味ですが、
外側についたお塩は塩辛いので、しっかりと取った方がいいです。
鶏もじゃがいもも、旨味が凝縮している感じでとても美味しい。
その上、鶏の余分な脂は、みんな塩が吸いとってくれるのでヘルシーかも。

これはお酒の肴にはピッタリです。
白ワインでも日本酒でも。

工作な感じで料理ができてしまう塩釜。
その他にも鯛などの魚介、牛肉などでも美味しくできるようです。
みなさまもお試しあれ!














posted by ピコティ at 21:02| 東京 ☀| Comment(0) | おうちご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月26日

きょうは中華で! ネギと牛肉の塩炒め。

わたくし、中華料理はめったにというか、ほとんど作ったことがありません。
たまに作っても、Cook Do などの中華の元を使います。

なんだか中華料理って難しいような気がするんだよね〜。

でも、きょうはウー・ウェンさんのレシピで、
ネギと牛肉の塩炒めです。

作ってみるととても簡単で、これって中華料理なの?という感じです。
(シンプル、あっさり、油っこくない)

使うのは牛肉の薄切り。500g。
image-20130226220720.png

長ネギ3本。
image-20130226220854.png

長ネギは5センチほどの長さにカットして、
それを縦にカットして、更に半分に。
image-20130226221118.png

牛肉はまず下ゆでします。
image-20130226221332.png

これで余分な脂を落として、匂いも抑えます。
さっと色が変わる程度、ゆで過ぎないように。

お湯を捨てボールに取り出して、下味をつけます。
酒大さじ2、かたくり粉小さじ1、黒こしょう適量。

これを大さじ1の油で炒めます。
image-20130226221958.png

ここにネギを入れまして、
image-20130226222157.png

お塩小さじ1/2で味付けしたら、出来上がり。
image-20130226222251.png

驚くほど簡単で、油もチョットだけ。
味付けも塩とコショウだけ。ニンニクも使いません。
下味に使ったごく少量のかたくり粉が、
お肉に照りを与えて美味しそうです。

そして実際に食べてみると、ネギの香りと食感が、
牛肉に合ってとても美味しい。
こういう中華もあるんですね。

そして白菜を使った、和え物とスープです。
白菜は芯と葉に分けまして、
image-20130226223015.png

芯は繊維に沿って縦にカットします。
image-20130226223100.png

ホタテ貝柱を240g使います。これを半分にカット。
image-20130226223201.png

千切りした芯は塩で揉んで水分を出したら、
練りからし1/2、ごま油1/2で和えたらできあがり。
image-20130226223541.png

器に盛り付けます。
image-20130226224529.png
シャキシャキの食感とピリッと効いた辛子、ごま油の香ばしさ。
美味しいですね。

ではスープ。鶏ガラスープ800ccに酒大さじ2を入れて、ホタテを入れます。
ホタテの色が変わったら、白菜の葉を投入。
image-20130226223811.png

味付けは、酢大さじ1、しょう油大さじ1、
ごま油小さじ2、塩小さじ1/2、コショウ適量です。
これで完成。あまり火を通し過ぎないようにね。
image-20130226224419.png

白菜とホタテの取り合わせもとても美味しい。
かんたん、おいしいスープです。温まります。

こうして作ってみると、中華もなかなかいいもんだな〜。
これから度々作ってみることにしましょうか。










posted by ピコティ at 23:15| 東京 ☀| Comment(4) | おうちご飯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。