2013年02月28日

天ぷら 川奈!

もう何年もランチに通っているお店です。

時々無性に食べたくなるので、定期的に通うことになります。

天ぷら 川奈
image-20130228214625.png

六本木通り沿いにあって、
六本木から西麻布交差点に行く途中にあります。
店内が見えないので、入りにくい雰囲気ですね。

お店はカウンター主体であまり広くはありません。

ランチのメニューは天ぷら定食と天丼
image-20130228214839.png

どちらも1,250円。

天ぷら定食は、海老3尾、キス、ナス、かぼちゃ、ピーマンの天ぷらに、
美味しいご飯、美味しい赤だし、美味しい香の物が付いてます。

天丼は同じ天ぷらの具材の天丼に、美味しい赤だし、美味しい香の物がつきます。

どちらの天ぷらもカウンターのすぐ前で、
お店のご主人が揚げて、その熱々を供してくれます。
その天ぷらの美味しいことといったらありません。

でもこのご主人、本当に職人気質。
ちょっとでも気に入らないことがあると、怒られそうでなんだか恐い。

なので、お料理の写真はありません (;^_^A
こっそり撮影することも、断って撮影することも恐くてできない。

「出てってくれ!」なんて怒られたら、
「大将、堪忍しておくんなさい。」と土下座してしまいそうです。

今はいませんが、以前はお弟子さんと思われる若い男性がおりました。
この若いお弟子さん、ミスをしようものなら大将に怒られて、
ちょっと萎縮していて、かわいそうな感じでした。
けっこう長く勤めていましたが、今はどうしているのかな〜?

そんなこんなですが、この大将の揚げた天ぷらは実に美味しい。

天ぷら定食の揚げたて、熱々、さくさくの天ぷらはもちろんのこと、
甘めの濃いタレを絡ませた天丼も捨てがたい!

なのでわたしは両方とも大好きです。

店の表看板には関西割烹と書いてありますが、
なんで関西なのだろうと考えるに、
きっと天ぷらの揚げ油のことなんだろうと思っています。
(恐くて大将には聞けないので。。。)

ここの天ぷらは江戸前の天ぷらみたいにごま油を使ってない。
浅草辺りの天ぷらとはそのへんが違って、それで関西割烹なのかも…たぶん。

残念なのは、食べログの評価が低いこと。
まあサンプル数が少ないせいとは思いますが、
コメントを読んでも、なんだかトンチンカンに他店との比較をしている人もいて、
適正に評価されていない感じがします。

このレベルの天ぷら定食が1,250円で食べられるお店なんて、
なかなかないんだから!













posted by ピコティ at 22:43| 東京 ☀| Comment(2) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

蒼龍唐玉堂の担々麺!

六本木に担々麺の美味しいお店はたくさんありますが、
わたしのイチオシは蒼龍唐玉堂の担々麺。
image-20130214221937.png

これまで長い間、時々ランチタイムにこの店の担々麺を食べに行ってましたが、
蒼龍唐玉堂なんて難しい名前のお店だったんだと、
このブログを書くにあたって、初めて知りました。
『そうりゅうとうぎょくどう』と読みます。

ランチタイムはいつも満席で、ちょっと出遅れると行列ができます。
外は寒いので、今の時期に外で待つのは辛い!
早めに訪問しましょう。

お客さんは95%は男性。そして集団が多いです。
男性ばかり8名様とかね…

この店の売りはなんと言っても担々麺。
image-20130214223121.png

特に、黒胡麻担々麺と白胡麻担々麺が二大看板。
今日は白胡麻担々麺を注文しました。
image-20130214223303.png

白胡麻担々麺は白ごまのまろやかなコクと、穏やかな辛さが絶妙です。
以前は太麺と細麺を選択できましたが今は太麺だけ。
でもこのもちもちの太麺が、このうま辛いスープに真っ向勝負するので、
麺がスープに少しも負けていません。
相乗効果ですね。美味しいです。

豚骨ラーメンのブームから、ラーメンといえば、
細麺、バリかたと思っている方も多いのでしょうが、
この太麺はいいですよ〜。
先日別の店で担々麺を注文したら、かなりの細麺で、
麺がスープに負けてちっとも美味しくなかった。。。

黒胡麻担々麺は黒胡麻の力強いコクと辛さのバランスがとても美味しい。
この他にも、トマトが丸ごと1個そのまま入った赤トマト担々麺とか、
豚バラとキャベツの相性が抜群の豚キャベツラーメンもおすすめです。

ところがこの店、どこかいい加減で、
ランチタイムのサービスのご飯は恐ろしく硬くて不味いし、
テーブルの水差しの水はカルキ臭くて飲めたものではない。
というか、店全体にいい加減さが漂っている感じ。
こういうところが、客がほとんど男性である所以かなと思う。

そうそう、そして一番大事なこと。
わたしがこの店に行ったのは、ちょっと前のこと。
昨年この時期に訪問したら、担々麺の味がまったく変わっていて、
全然美味しくなかった。
あまりに残念だったので、
「店のオーナーが代わったの?」と店長に聞いたら、
いや、今、春節で料理を作ってる中国人がみんな国に帰っちゃって…だって。

みなさん。訪問するなら、今の時期は避けましょう。
きっと日本人にはだせない、中国秘伝の味なのね〜〜。











posted by ピコティ at 23:15| 東京 ☀| Comment(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月30日

小池さんのラーメン!

新宿区の落合辺りに、仕事で行って来ました。

ランチの場所を探していると、中華料理『松葉』を発見しました。
image-20130130215132.png

この松葉は昭和の頃、若き漫画家が集ったマンガの聖地、
トキワ荘のすぐそばの中華料理店です。

当時トキワ荘には、手塚治虫をはじめ、藤子不二雄、石ノ森章太郎、
赤塚不二夫などなど、たくさんの有名な漫画家が住んでいました。
なので、この松葉は多くのマンガに登場します。

特に藤子不二雄のマンガには松葉のお店も、お店の出前持ちの少女までが登場します。
パーマンやオバケのQ太郎、ドラえもんと藤子不二雄のたくさんのマンガに登場する
小池さんの食べているラーメンも、松葉のラーメンがモデルとのこと。

そんなわけで、多くのマスコミに取り上げられるためか、
松葉の店内はたくさんのサイン色紙がありました。
image-20130130220524.png

注文したのは、トキワ荘ラーメンライス。680円。
image-20130130220605.png

そしてギョウザ。400円。
image-20130130220624.png

今となってはとても懐かしい、昭和の味がするラーメンです。
とっても優しい味。
そしてこのラーメンのつゆは、ご飯にとってもよく合います。
ご飯をたくさん頬張って、ラーメンの汁をずっとすすると、
ほんわか、こっくりと、幸せな味につつまれて、至福のときが体験できますよ。

ギョウザも家庭的なジューシーさでとても美味しい。

昨今のラーメンの尖った美味しさとは一線を画する、別次元の美味しさですね。
こういう美味しさは、藤子不二雄風に、
『ン マーイ!』
と表現すると、情緒もたっぷり。

トキワ荘がなくなった今も、代替りしてもお店が続いているのは、
きっと地元で愛されているからなのでしょうね。

トキワ荘のあった場所には、トキワ荘の碑がありました。
image-20130130222134.png

トキワ荘はなくなってしまったけれど、周辺は多くの木造アパートがあって、
今でも古き良き時代の面影をとどめております。

こういうところで学生時代を過ごすのも、よかったかもしれませんね。












posted by ピコティ at 22:27| 東京 ☀| Comment(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。